FC2ブログ

屋根ドクターのスタッフブログ

Bohemian Rhapsody

皆さん、こんにちは!
開発営業部の野村です。

先週、巷を賑わせているあの映画を観に行きましたよ!


ぼへみあん


それがこちらの『ボヘミアン ラプソディ』です。

伝説のバンド QUEENの結成から、ボーカルのフレディ・マーキュリーの生涯まで描いた映画です。

私は「昔からファンでめちゃくちゃ詳しい!」というほどではありませんが、とてもメジャーな曲を知っている程度で『Don't Stop Me Now』や『Killer Queen』などの曲がとても好きです。

QUEENのメジャーな曲を聴けば、だれでも一度は聴いたことがあることは本当にすごいことだと思います。

ちなみに私のQUEENのベストソングは『Bohemian Rhapsody』です。

個人的に思い入れのある曲で、映画が出ると聞いた瞬間に必ず観に行くと決心してました。

それが大盛況と自分のスケジュールが合わず、12月になってしまいました…(笑)


ぼへみあん2


PVにも出てくるこのシーンはあまりにも有名ですね。

『Bohemian Rhapsody』はオペラとロックを混ぜた、当時でも革新的な一曲です。

オペラ調だったこのシーンの後に、爆発的なロック調に様変わりする部分がとてもドラマチックで感動的です。

歌詞を見てみると、人を殺してしまった男が何か人生の救いを求めながらも悟っていく内容になっています。

学生時代、何もできない自分に路頭に迷っていた時、救いを求めるこの曲と自分を照らし合わせながらよく聴いていたのは思い出です。

歌詞の中で大好きなフレーズがあります。

「Nothing really matters to me. Any way the wind blows. 」 

(何の心配もない。どんな風が吹いても)


ぼへみあん3


そんな思い入れをもって映画を観に行きました。





肩を揺らしながら号泣してしまいました(笑)

フレディ・マーキュリーの青さ、純粋さを最後まで感じることができる最高傑作です。

まるで自分の中にある青さにスクリーン越しから魂を叫ばれるようで、人生たるものを突き付けられる感覚でした。

QUEENを知らない人、音楽も知らない人、映画を観ればだれでも共感できる作品になっていると思います。

目を腫らして、観た後は体調不良でしたが(笑)

観に行かれていない方はぜひ映画館へ足を運ばれてください!

大人気話題沸騰中なので、まだ間に合いますよ!(笑)

それでは今回はここら辺で、、


ぼへみあん4

コメントの投稿

非公開コメント