屋根ドクターのスタッフブログ

熱中症

こんばんは!
工事部の児島です!

最近は暑さも本格的になり、この1週間は本当に暑い日が続きました、、、
ニュースで西条の工事現場で21歳の若い方が熱中症で亡くなったという記事を見ました。

しかも屋根上で倒れていたそうです。。
私も現場で屋根に上るので他人事ではありません。
現場でも熱中症に関するチェックが増えてきたように思います。

これまでも非常に暑いとは思っていましたが、ここ最近の暑さは異常です。
外にあまり出ない方もこまめな水分補給をしたほうが良いかもしれませんね!
むしろいつも外に出ている私のような方よりも常にクーラーの効いた事務所内で過ごされている方のほうが注意が必要なのではと思います。

やはり、日ごろ暑いところに出ない方が急に外に出ると暑さにやられてしまうのではないでしょうか。
ですので、事務所内の方もしっかりと熱中症対策をすることをおすすめします!

ここまで大分まじめな話になってしまいましたが、そんな私は昨日工事部の飲み会に参加してきました!
楽しかったのですが、おかげで本日は大変な思いをしました。笑
ふらふらになりながら、改めて熱中症対策の大切さを実感しましたので、このまじめな記事を書いてみました!笑

ということで今回は昨日の飲み会の写真を貼ってお別れしたいと思います。
それでは!
IMG_6832.jpg

皆さんこんばんは!

山口営業所の小野です!

夏仕様で割とバッサリ髪を切ったのですが、ビックリするくらい大不評でした!



ところで先日、子供の頃からの夢が叶いました。

アイス

『デカ目のアイスを一人で食べる』です!

兄妹たちの魔の手が襲い掛かる事もなく、親に口うるさく言われる事もありません。

一人暮らし歴がちょうど2年くらいになりましたが、今更ながら極致に辿り着いてしまいました。

一人暮らしサイコーです!

金に物を言わせる事が出来る今、少しずつ昔から抱いていた憧れや夢を実現させていきたいと思います。

それでは!

映画鑑賞。

夏も本格的になりじめじめして倒れそうですね(;´・ω・)
でもこれからまだ八月が来ます。人生一か月ほどスキップしたいです笑
皆さんこんにちは!物流の藤村です!

先日映画を見に行きました。(パイレーツオブカリビアンではありません)

侍ジャパンの映画です。笑
映画と言ったら洋画やアニメ、ドラマのものを想像しがちですよね。

僕もそうでしたよ笑

知り合いに誘われてどんなものなのか興味が沸いたので行ってみました。

見た感想は、面白かったです。はい。
それ以上はありません。笑

どんな内容だったかというと簡単に言うとプロフェッショナルというテレビ番組の2時間スペシャルですかね笑





今見たい映画いくつかあるのでまた映画を見に行こうかなと思います。

誰か一緒に見に行ってくれる人はいないもんですかねえ。笑

では今回はこれにてドロン

休みの日

みなさんこんばんわ、山口営業所の福波です。
今回のブログには映画を見に行ったことを書こうと思っていたところ、先に面白い映画のブログを書かれてしまったので書く内容を変更してつい最近の休日でいったところについて書いていきます。

私は休日を使って自宅からすぐ近くにある「マンガ倉庫」というところに行きました。
私が広島にいたときから何度か聞いたことがあり、気になっていたので行って参りました。
行ってみた感想は広く、そして何よりおいているマンガの数がとてつもなく多かったです。
探していた目当てのマンガは見つからずに30分くらいはうろうろしていました。
しかしうろうろしたおかげで目当てとは別にいろいろと読みたくなったマンガが見つかりました。
5,6時間は読み続けました。しかしまだまだ読みたいマンガはあります。
なのでまた来週も行ってみて読破していこうと思います。

外観は下のようになっていました。

マンガ倉庫

今回はここら辺で失礼しようと思います。山口にきて時間があればマンガ倉庫に立ちよってみてください!!

海賊

皆さん、こんにちは!
開発営業部の野村です。

今月の初めにアルパークへ映画を観に行きました!
観に行った映画は『パイレーツオブカリビアン-最後の海賊-』です。

アルパークの映画館には4DXというものがあります。
3D以上の次元空間の4DXとは何ぞやと思いますが、4DXは3D映像に加えて水しぶきや振動などを体感できる仕様です。

パイレーツオブカリビアンなら大迫力間違いなしと思い、4DXで観に行こうと思いました。
今回は映画のネタバレをせず、私がパイレーツオブカリビアンを好きになった背景から紹介しようと思います。


パイレーツオブカリビアンを初めて観たのは私が中学生の頃。。。

デイビー

写真は作中で登場したデイビー・ジョーンズという敵の海賊です。タコです。
彼がこのような姿になったのは、死者を送るフライング・ダッチマン号の船長となったからという設定です。

フライング・ダッチマンの船長となった者は10年に一度しか陸に上がることができません。
彼が若かりし勇敢な船乗りだった時、彼には海の女神・カリプソという愛する女性がいました。
デイビー・ジョーンズはあまりにも彼女に愛しすぎ、自らの心臓をえぐり取り、彼女にプレゼントしたそうです。

そんなデイビー・ジョーンズが陸に上がる運命の日、彼の愛したカリプソと会う約束をしていました。
しかし、カリプソは約束の場に現れなかったのです。

そして、彼は心臓だけでなく、心もまでも無くしてしまい、残忍な姿となりました。
心臓を見つけられない限り、彼は実質無敵で、神話などにも出てくる伝説のイカの怪物クラーケンも操っていたこともあり、まさに最強でした。

説明が長くなりましたが、当時、中二病まっさかりな私は「そんなデイビー・ジョーンズがかっこいい!」と思いました(笑)
上記の画像は家に貼ってあるデイビー・ジョーンズのポストカードです。

「海賊王におれはなる!(ドン)」 と海を夢見る少年は今では陸の生活に落ち着いています・・・(笑)

肝心の映画は予想通り、迫力満点でまさにエンターテイメントでした。
今回の敵役の亡霊キャプテン・サラザールも恐ろしいほど強く、おぞましい執念で主人公のジャック・スパロウを追い詰めます。

さらに今作は、過去作のキャラクターや最初に長々と説明したデイビー・ジョーンズのお話も密接に関係しています。

実は紆余曲折あって、デイビー・ジョーンズの母船であったフライング・ダッチマン号に、オーランド・ブルーム演じるウィル・ターナーが新しい船長となっています。

今作はそんなウィルの息子とジャックが共に健闘していきます。
過去作ともつながりの強い今作はこれまでパイレーツシリーズを観てきた方にもオススメです。

ポスター


公開日から時間も経っていますが、まだ観てないという方はぜひ劇場まで!!!(笑)
(エンドロール後の最後にも衝撃が・・・!!)